ガリバーの評判や口コミ。購入や査定に問題がある?

ガリバー

目次 表示

ガリバーの評判や口コミ

ガリバー利用者の口コミ

ガリバーは全国さまざまなところに立地しており、とくに幹線道路沿いの立地が多いです。

ガリバー以外の車の買取業者で一括見積ならなびくるがおすすめです。

【無料】車の一括見積ナビクルはこちら

ガリバーと聞くと、車の買取りと車の購入の両方の業務をしていますが、実際にガリバーで車を購入された方でとくに多い口コミ・評判をみてみましょう。

良い口コミと評判。ガリバーはスタッフが親切という意見が多い!

ガリバーに車を売った人の良い口コミ

スライド式の車を探していたところ、「トヨタシエンタ」か「スズキスペーシア」を紹介して頂きました。情報収集の時でしたが「キャンペーンがある3月か夏頃がお買い得です。」と教えて下さいました。

車を購入した際に、値引き交渉などはあまりしてもらえなかった印象ではありましたが、営業の方の対応は非常に丁寧で印象が良かったです。

ガリバーですが相談から買取までスタッフの方々がすごく親切で丁寧に説明の方、していただいてすごく満足しましたね。車の方も思っていたよりもはるかに高い値段で買い取ってもらえましたので良かったです。

ネットで決めていた車があり、実物を見て購入をすぐに決めたのですが、せっかくなのでと他の車についても色々説明してくださりとても好感が持てました。納車までもスムーズでとても満足しています。

ガリバーは高く買い取ってくれると周りから聞いていたが、念の為先にビッグモーターで査定しもらったところ高くても20万半ばだと言われたのに対してガリバーは事故歴有りに関わらず35万で買い取ってくれた。

他の中古自動車店(特に、ビッグモーターなど大手)に比べて既に全店舗に導入されている車両のネットワークが充実しているため、とりあえず最寄りの店舗に行けば全国の店舗に登録されている車両を狙うことができる。

何年か前に車を査定し、購入を考えて行きました。買取専門店と言う割に査定はディーラーより低い。車探しはネットのサイトから探してくれるのですが、やっぱり自社で取り扱ってる高い車のみ進めてきます。

事故をしたので早急に車が必要だったので駆け込みました。予算など提示したらこの辺りの車がおすすめだと提示してくれました。対応も優しくて丁寧で良かったです。

スタッフの方が本当に親切な方ばかりで利用しやすいなと思ったのが、助かりました。良い査定額も出してくれたので良かったです。

昨年ガリバーで車を購入致しました。購入条件で買い取り価格が跳ね上がりました。13年落ちのSUV14万キロ FF車 30~40万 SUV人気とは言えこの買取価格は他社よりも高く満足です。

昔の話しですが、ガリバーに2台車を売却しましたが、他のところよりも査定額が高くて自分の中ではおすすめなお店だと思います。

はじめて車を買うことになり、ネットで調べてから大来店した時店長さんの対応がとても親切で無知な私たちに1から丁寧に色々説明してくれてとても安心できました。

2003年MINIクーパーS、2017年ベンツA250の買取をお願いしました。残価設定中のローン中でしたが、ローン残債をガリバーでお願いして無理なく買取して頂きました。

昔からある車買取店の大手。特に悪い噂も無く、店員の対応も丁寧でしっかりしていて問題なかったです。車を売る際には比較対象の店舗です。

気に入った中古車について詳しく説明してくださりました。また、中古車を購入する際の注意点なども教えてくださったので、中古車を選ぶ際の助けになりました。

とにかくスタッフさんの対応が丁寧でわかりやすかったですね。車を査定に出した際もすごくわかりやすく説明してもらえたので気持ち良く車を売却できました。

営業担当の方が付くので、希望や相談など親身になって聞いて下さります。クリーニング前の写真を見せてもらえるのも、ガリバーならではだと思います。

以前、愛車を泣く泣く手放す時に、ガリバーで査定していただきました。最終的にはガリバーで売ることにはならなかったのですが、接客やサービスがとてもよかったので、また機会があったら利用したいと思いました。

評判で聞くとやや強引な商売をするとお聞きしてましたが私自身はそのような営業はなかったです。買取金額でよく説明がなくトラブルになっているとは聞いてます

まず、適正価格でしっかりと買取してもらえたので良かったです。また、査定についてもスピーディーだったので安心でした。

ガリバーで車をうったことがあります。車を見てもらってしばらく外で話しているのか、会社と値段の相談をしているのか謎ですが商売上手だと思う。

型の古いもの、少々傷のあるものでも買い取りしてくれるサービス性の広さが見えました。オークション形式での販売形態もあることから、一般的でない少しマニアックな車も買い取り対象となる点には助かりました。

3月の年度末、夏のボーナス期、冬のボーナス期の利用がオススメです。気になる車がお値打ち価格で買いやすいです。

 

良かった点としては担当の営業さんが丁寧に教えてくれること。また長期保証が10年もあります。また中古車購入後に返品できるのでクリーニング前の車を確認できるので大変お勧めだと思います。

中古車だし、実際はどんなものなのかなと思っていましたが、状態は割りとよくて申し分ないものでした。ネットオークションがあるので便利だけど、実際見れないと怖いところもある

いちばんのメリットは在庫数。どこでもガリバーはあるイメージ。どこでも希望に近い車種を見つけてきてくれる。

軽自動車買換えでディーラーとの比較のために来店しました。ディーラでの買取価格はあまり良くなかったので期待していなかったのですが、バリバーさんの方が高額だったので買取お願いしました。

川口市にあるガリバーさんを初めて利用しました。10年以上乗っているポルテの査定をしてもらいました。市内にある同業者の査定価格の2倍の価格で引き取ってもらいました。ガリバーさんありがとう。

買取査定は私の住んでる地域で一番査定額が良かった。また、ネットでの買取相場よりはるかに上回った金額で売却できた。大手の会社なだけあり信頼感は抜群。店員は皆礼儀正しかった。

ホームページから手軽に査定を申し込むことができ、他社と比較して査定額が高く、車が高く売れたので良かったです。

私は交渉が上手くないのでなかなか値段を下げられないと思っていましたが、担当の方がすぐに安くしてくれたり、色々なオプションをたくさんつけてくれました。

クリーニング前の状態を確認する事が出来るので、本当に気に入った車を選べるのは嬉しいですね。また中古車は返品が可能なので、助かります。

県外から車を購入。キッズルームが広く長時間待っていられた。トイレが清潔で大変気持ち良い。スタッフは接客が丁寧、客を良く見ている印象。作業が終わり帰る際、全職員が玄関先に出てきてくれ、見送ってくれた。

担当の営業の方は私の要望を細かく聞いてくれて、条件にあった車を紹介してくれたので当日購入を決めました。最初は条件が厳しいかと思いましたが理想の車に出会うことができて満足しています。

ガリバーは、中古車買取価格が安いです。理由として粗利益として車が50万円の価値のあるものを10万円で買取を行うからです。

ガリバーさんは全国にあり、売る方でも対応が凄く早く、高めに買ってくれますし、こういった車が欲しいと言うとその全国ネットワークですぐに探してくれるのが心強いです。

やはりフリマが1番の魅力かと思います。実際自分も乗っていた車をフリマに出してもらったのですが、ベースとなる車の相場の相談から入り、最終的には掲載する金額を自分で決められるのがよいと感じました。

詳しい査定をしなくても概算の金額を教えてくれました。私も日産ディーラーで下取り査定の経験があったので、車をひと目見れば大体の金額が分かるのは同じでした

実際購入してみて、新車と変わらないレベルで高いイメージしかないです。中古車と言う割には50万円以下の車が少なく、私用で汚れる仕事をしていますがそのような車を買うには不自由です。

ガリバーは「キッズスペース」が設置してある店舗が多いので子供連れでもスタッフさんと商談出来るので助かります。

担当の方は少しでも買取価格が上がるように交渉してもらえたりなど、非常に親身な対応をしてもらえたので助かりました。

過去に中古車を買い取って頂いたことがありますがその際の対応が非常に迅速で丁寧でした。買取価格の方も納得の行く価格で非常に満足しています。

しっかり車の査定をしてくださるので安心してお願いすることができるので良いなと思いました。その点に関して信頼性があります。

購入する車は決めていたのですが、お時間あるならと色々な車を見せてくれて丁寧に説明してくれたので暖かい接客をしてもらい大満足でした。

マイカーの見積もりを丁寧に査定してくれるので、どのタイミングで売却すべきかが明確になったことがよかったです。

格安でタントを購入する事ができました。車両の状態が不安だったのですが、車検も通っており、整備もされていたので不具合なしで乗れています。本当に良い状態で満足です。

軽自動車売却の際、車両が新しくキズ等もなかったので、売却理由を聞かれました。失恋し思い出が残る車両の為、手元に置いておけないとお話すると、責任者の方が買取金額を上げてくれ、言葉をかけてくださいました。

初めて軽自動車を売ったときですが思っていた以上にすごく細かく査定してくれて高値で買ってくれたのでよかったです

買取を行っていただきました。他社と比較して買取金額も高く満足しています。スタッフの対応も丁寧で多少買取価格の交渉にも応じてくれました。

悪い口コミに営業さんは親切だが推しが強い。あくまで仕事に熱い社員さんが多いという事

ガリバーに車を売った人の悪い口コミ

昔に買い取ってもらったので、最近も査定をお願いいたしました。担当者は、とても好感が持てる方でしたが査定額が他社と比べて安かったです。正直ビック〇〇〇〇の方が全然高かったです。

思ったよりも高く車を買い取ってもらえそうでしたが、店員さんの対応か悪かったです。話が長いわりに、質問をするとあやふやな答えしか返ってこず、自分で調べなければいけないことか何点かありました。

思ったよりも高く車を買い取ってもらえそうでしたが、店員さんの対応か悪かったです。話が長いわりに、質問をするとあやふやな答えしか返ってこず、自分で調べなければいけないことか何点かありました。

何年か前に査定、購入で利用。店内は子供が遊べるスペースもあり少し時間がかかっても飽きずに過ごせた。ネットオークションで車を見ましたが、自社で扱っている車以外はほぼスルー。高い車ばかり勧められる

先日、ガリバーフリマの仲介で中古車を購入したのですが、届いた車が錆びだらけのひどいものでした。修理工場に持ち込むが手放すことになりました。20万円の大損となりました。

引越しに伴い、愛車を処分しなければいけなくなり、CMで見たガリバーに見積もりをお願いしました。以前車をぶつけられた時に板金修理をしたので買取不可でした。そういう事は事前に教えてほしかったです。

免許を取り立てで初めての車に購入しました。納車遅れすぎて、こちらの予定も狂ってしまいました。ガリバー事務局の対応も悪く悲しかったです。

今まで2回ガリバーに車を売却した事がありますが、やはりどの業者よりも高かったです。接客はあまり良くはなかったです。

買い取りを頼んでから査定が出るまでは早かったです。しかし価格相場は決して高いものではなかったと思います。買い取り価格などあまりきにせず、手順のスピーディーさだけで選ぶなら良いと思います。

査定しに行った際に担当者が査定だけでなく中古車のセールスまでしてきてそれが結構しつこさがあって気持ちが萎えました。あくま査定だけしてもらいたかったので、中古車の販売まで言ってくるのは正直迷惑でした。

ガリバーで中古車査定を依頼していたが、名義人が海外のため引き継ぎが面倒のため廃車にすると断りを入れたが、何度もご検討をと電話され迷惑だった。

以前、福祉車両の買取をお願いしたことがあります。この手の車、買取しても購入者がなかなか見つからないのでと言われイヤな気持になりました。ほかの表現、思いつかなかったのかなぁ

ワゴンRに買い替えたのですが、五万キロほどしか走ってないので状態は良いですよと言われたのに、次の日にオートマなのにエンストしました。修理もテキトーでまた故障しました。ガッカリです。

買替で新車を購入。担当者は店舗責任者。買う前に乗っていた車の車税は一切払わなくていいと言われたり、態度もサービスも本当にくそ悪く、2度といかないし周りにも絶対に行かない方がいいと逆オススメしています

まず、10年の長期保証がしっかりとあったので良かったです。ただ、試乗についてはできなかったので少し残念でした。

若い社員が多い。担当以外の客には礼儀があまりなってない。挨拶もきちんと出来ないようだった。あまりいい印象はない。

価格比較のため一度伺った。希望通りの車が沢山ある中で子どもがいた事もあり、内装が綺麗な車や走行距離が短い車を見せてくれました。ただ、成約してもらわなければという感じが伝わってきて帰りづらかったです。

営業の方には熱意を感じられたもののやはり営業トークが目立ちあまり印象は良くなかったですし、親身な対応には感じられなかったです。

車の査定を頼んだときに、とても丁寧に接客してくれました。こちらの質問にもちゃんと答えてくれたので嫌な気分になる事はなかったのですが、他社の見積もりよりも3万円少なかったのは納得いかなかったです。

車の種類が豊富で色んな車種を見比べることができました。来店後にすぐに査定をしてくれるところも良かったです。しかし、スタッフの方の勧誘がややしつこく急かしてくる感じだったため少し残念でした。

こっちの意見に全く聞く耳を持たず、向こうの意見やオススメをひたすら押しつけてきた感が凄くて不満だった。

修理が必要なところを的確に指摘してくれたが、オプションでいろいろなところを直したいと強要する場面があって、印象があまりよくなかったです。

一括査定での反応はピカイチに早いのですが、値段の相場もわかっていない状態で電話をしてくる。店に行くとなかなか帰れなくなる。

何度か査定をお願いしたことがありますが、独自のシステムがあるようで、どの営業マンであってもどの店舗であっても同じような説明と進行で誠意が伝わりにくかった

【無料】車の一括見積はこちら

車買取おすすめ評判比較ランキング。車を売るおすすめ方法

ガリバーの会社概要

ガリバーの会社概要

ガリバーはどんな企業なのかをみていきましょう。

社名 株式会社IDOM
本社所在地 〒100-6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25階
設立年月日 1994年10月25日
企業紹介 中古車の買取・販売事業を展開
事業展開 ●1998年に上場を果たす
所在地 〒100-6425 東京都千代田区丸の内2丁目7−3 東京ビルディング

●外車「LIBERALA」大型店「WOW! TOWN」ショッピングモール「HUNT」地方型「アウトレット」など、新タイプの業態を複数創出

●BMW正規新車ディーラーを経営

●2015年にはオーストラリア大手の新車ディーラーグループを買収

●海外事業も本格始動

●ITとビジネスを融合した新サービス開発を進め、NOREL(乗り換え自由の月額定額制サービス)やガリバーフリマ(中古車のC to Cプラットフォーム)を展開

●自動車流通業界の変革に「挑む(いどむ)」ことに想いを込め、2016年7月に株式会社ガリバーインターナショナルから株式会社IDOM(いどむ)へ社名変更

ガリバーは2001年〜2016年「主要中古車買取専門店7社における中古車買取台数」株式会社矢野経済研究所調べ2017年8月現在において、車買取実績No.1の結果を出しています。

また「2016年度主要10社における国内中古車販売台数 小売・卸売合算値」(グループ企業除く)株式会社矢野経済研究所調べ2017年8月現在では、中古車販売実績No.1となっています。

これらの結果から、ガリバーは車の買取りでも、車の販売台数においても1位を獲得するほど、多くの利用者から高い支持を得ているのです。

最近では車を売却する場合、多くのお客様は「車の一括査定サイト」を利用しますが、ガリバーは多くの一括査定サイトに登録されています。

ガリバーは一括査定サイトを利用したお客様に幅広く紹介されており、その買取金額の高さからガリバーを選ぶ方が多いのです。

また車を購入されるお客様に対しても、安心して中古車を購入していただけるように、ガリバー自動車研究所が「中古車に対して故障の心配はありませんか?」という問いに対して、中古車購入に不安があるお客様が8割を超える結果になることを把握しています。

確かに中古車を購入するお客様からすると、購入金額が安いとすぐに故障するのではないか、車の見た目はきれいでも機関系が心配だと思うのは当然のことです。

そんなときにもガリバーはお客様に親切・丁寧に接しながら車選びの相談にのってくれますし、お客様の希望を聞きながら車を一緒に探してくれますよ。

このような企業活動をしている株式会社IDOMはガリバーの事業展開だけにとどまらず、中古輸入車を扱うLIBERALAや、大型中古車販売店であるWOW! TOWNを展開するなど、さまざまな視点から車に関する業務を行なっています。

ガリバーは車の買取り・購入両方で頼ることができるのです。

ガリバーのオリコンでの人気や評判について

ガリバーのオリコンでの人気や評判について

オリコンとは、オリコン株式会社が行なっている顧客満足度の結果を示したもので、この結果を公開することで、日本国内で利用されているのはどのようなサービスなのかについて、一般の方が把握することができます。

ガリバーのような自動車販売店についてもオリコンランキングが発表されていますので、どの自動車販売店がお客様から高い評価を得ているかを確認することができるのです。

ここでは2017年度のオリコンランキングを参考に、ガリバーがどの位置にいるのかを比較していきましょう。

表の「オリコン総合得点」がオリコンランキングの総合得点になり、その順に自動車販売店を並べてみました。

自動車販売店名 オリコン総合得点
アップル 74.43点
カーセブン 74.36点
ラビット 74.15点
カーチス 73.44点
ユーポス 73.27点
T-UP 73.00点
ビッグモーター 72.99点
ガリバー 71.74点

2017年度では、ガリバーはオリコンランキングで8位となっており、他の大手中古車販売店と比較すると低い順位になっています。

1位のアップルとの点差は2.69点と僅差に思えますよね。

ガリバーがアップルと差が開いているのは、アップルは接客サービスが行き届いているという点が評価されています。

もちろんガリバーも接客サービスは良いのですが、店舗によっては接客サービスについて良くない口コミ・評判が見受けられるのが原因でしょう。

それに対してアップルは接客サービスにマイナスの評価はほとんど見受けられません。

オリコンランキングで自動車販売店の評価をみることは大切ですが、オリコンの「総合得点」だけみるのではなく「見積もり・査定」「売却手続き」「担当者の接客力」「アフターサービス」の項目でランク付けされていますので、ガリバーがどのランキングで上位にいるかを確認するといいでしょう。

以下はガリバーとアップルの評価項目得点をまとめたものです。

項目 ガリバー アップル
見積もり・査定 70.96点 73.67点
売却手続き 75.16点 77.73点
担当者の接客力 73.23点 75.93点
アフターサービス 67.01点 69.80点

ガリバーはオリコンランキングに含まれている自動車販売店の平均点よりは4項目とも低くなっており、オリコンランキング1位のアップルと比べても、各項目の点数が低くなっていることが分かります。

ただガリバーが接客やサービスが悪いわけではありません。

各自動車販売店が高い基準で僅差の戦いをしているので、ガリバーも日常でより高いサービスを提供できるような努力がなされています。

ガリバーの営業マンはどういう人が多いの?頑張り屋さんな努力家の方が多い印象

ガリバーの営業マン

ガリバーの営業マンは、他の企業と同じように基本的には店長から指示をもとに営業活動を行なっています。

ガリバーの店舗にいる営業マンはお客様とコミュニケーションをとりながら、以下のように色々な探りを入れてきます。

  1. 「他の買取業者に車を査定してもらい、査定金額を聞いているのか??」
  2. 「ガリバーの査定のあと、他の買取業者に査定してもらう予定はあるのか??」
  3. 「車をいつ手放すのか??」
  4. 「車を手放すだけでなく、次に車を購入する予定はあるのか??」

これらの回答をお客様から得たうえで、店長からいくらでお客様に交渉すればいいのか指示を受けます。

先ほどガリバーの営業マンが探りを入れてくるとお伝えしましたが、他社との交渉具合や買取金額を聞いて、買取金額を少しずつ調整しながら商談をすすめていきます。

中古車でまったく同じ状態のものはありませんが、状態がほぼ同じような車であっても査定金額が異なってくるのです。

「そんなやり方ずるいな」と思われるかもしれません。

でもこのガリバーだけでなく、お客様が他社で査定を受けていないことが分かると、お客様は自分の車の買取金額の相場が分からないわけですから、相場より低い買取金額をお客様に提示するのです。

その金額でお客様が車を手放してくれるとガリバーにとって大きな利益になります。

もし出張査定をした場合は、ガリバーの営業車を査定場所の近くにおいて、お客様が手放した車を先に引取りすることで、他社に車が流れることを防ぐ場合もありますよ。

あなたがガリバーに車を買取査定に出した場合、営業マンが買取りを急がせたり、即決をせまってきたときは、その勢いに負けずに他社との買取金額を比較する余裕をもちましょう。

ガリバーはお客様を手放さないためにも、出張査定でお客様が車の売却を即決した場合、お客様の車をその場で引取り、営業車をお客様の代車としてそのまま貸し出し、ガリバーで購入する次の車が納車されるまでは代車に乗ることができるのです。

ガリバーの営業マンはこのような仕事を行なっており、実際掘り下げると、本部の指示を受けながらも自分の店舗で大きく利益が出るようにさまざまなやり方でお客様の車を買取りしています。

もちろんお客様の前でそのようなことを表に出すことはありません。

ガリバーの営業マンは基本的に社内教育が行き届いており、接客サービスの評価は高いです。

ただネットの口コミ・評判をみると、一部で営業マンの個性が強く出すぎたために、お客様に良くない印象を与えている場合があるようですね。

これはネットに書かれている口コミ・評判の見方によりますが、ネット上の口コミ・評判は全体的に良くない口コミ・評判が多いと思いませんか??

自分がお店から不利益を受けたときに「本当に腹が立つ!ネットに書き込んでやる!」といってストレスを発散するケースが増えているのが実情です。

反対に気持ちの良い対応を受けたときに「対応がよくてすごく気分がいいからネットに書き込んで拡散しよう」という心理になる方は少ないようです。

ただガリバーの営業マンきちんと応対してくれますので、安心してガリバーを利用してください。

熱心な姿勢が「業績主義」と誤解されがち

営業の方には熱意を感じられたもののやはり営業トークが目立ちあまり印象は良くなかったですし、親身な対応には感じられなかったです。

ガリバーは、1994年の創業から10年足らずで一流企業の証である東証一部上場を果たし、その後の長年にわたって中古車買取・販売業界をリードしてきたトップランナーですが、近年は最大のライバルであるビッグモーターに年間中古車買取・販売台数NO,1の座を明け渡しています。

その結果ガリバーは、業界第1位という定位置奪還のため、変更したIDOM(挑む)という新社名が示す通り、輸入車専門店のリベラーラや軽自動車専門のミニクルといった様々な業態の新店舗を展開するなど、構造改革を伴う新規ユーザー層の獲得にチャレンジしています。

つまり、ガリバーは今まさにさらなる進化に向けて社員・スタッフ一同に気合が入っているため、良くも悪くもそれがユーザー側に伝わってしまい、捉え方によっては引用した口コミのように、「熱意」や「やる気」を通り越して「圧力」と感じてしまうユーザーも少なからずいるようです。

ただそれは、お客様のクルマを可能な限り高い価格で買取をしたり、予算や希望に沿う愛車購入で満足感を感じてもらい、「中古車を売るなら・買うならやっぱりガリバーだ!」と印象を、お客様に持ってもらおうという「情熱」の裏返しでもあります。

特に、買取の時営業マンが熱心に、悪い言い方をすると「しつこく」営業トークを繰り出して買取を迫ってくるということは、それだけガリバーという会社が「本気」であなたの愛車が欲しがっている証拠、もしかしたら買取査定額UPのチャンスかもしれないので、物おじせず価格交渉してみてはいかがでしょうか。

ガリバーは電話やDMがしつこく入って困る

ガリバーは電話やDMがしつこく入って困る

とにかく買い取りたくて必至なのか、一旦ネットで買取の意志を伝えたが最後、ひっきりなしに営業の電話がかかってくるし、DMやチラシがバンバン家に来てとにかくうざったい!なんとかして!

これはガリバーに限らず、中古車買取・購入についての口コミや評判をチェックしていると一番多いクレームで、特にガリバーは営業電話の量が多くスピードもすさまじいと言われています。

それだけ、アナタのクルマを欲しいと思っている証拠であり、うまく立ち回れば愛車を高く売るチャンスでもあるわけですが、時間を問わずバンバン営業電話が入るのは確かに迷惑です。

ただ、電話に出てきちんと買い取り先や購入先が決まった(あるいは、売ることや買うことをやめた)ことをきちんと伝えれば、その後はピタリと営業電話も鳴りやむはずなので、面倒だからと電話を放置するのではなく、買わない・売らない意思をきっちり相手先へ伝えるようにしましょう。

売り気にはやるセールスマンも中にはいる?

営業がとにかく汚いやり方。焦らせてその場で購入させようとする事しか考えていません。断ろうとしても、少し気になった車の事をまた掘り返して話をしてくるので非常に長い商談になりました。

引用した口コミを投稿した方は「とにかく汚いやり方」と辛らつな表現をしていますが、毎日数え切れないほど来店客が訪れるコンビニやスーパー・飲食店などと異なり、1日十件も来客があれば御の字、閑散期の平日ともなれば全く来店が無い日だってザラです。

そのため、いざ来店があった際には時間を割いて接客し、目当てのクルマや気になるクルマがあるなど少しでも脈があるような「見込み客」の場合は、そのお客の購入意欲を刺激するように手を変え品を変え様々なセールストークを繰り出すのが商売人の性分ですし、営業マンの使命でもあります。

それが「売り気にはやっている(売る気満々なのがミエミエ)」と、解釈されてしまう営業マンも少なからずいるようですが、経験から言わせてもらえば、売る黄いっぱいでそのクルマの良い所をバンバンアピールしてくる営業マンより、売る気がない営業マンからクルマを買う方がよっぽどリスクが高い。

ただし、大切なお客様に焦りや強制的な印象を与え、「長い商談だなぁ」と不満を感じさせてしまったのは、正直言って営業マンの不手際、腕のあるセールスマンであればお客様が時間を忘れて話し込んでしまうよううまく誘導するはずです。

中古車とは言え、クルマの購入はとても大きな出費を伴いますから、商談が長くなってもいいからゆっくり考え、疑問点をすべてクリアにしてから決めたいという方もいるでしょうが、あまり余計な時間をかけずさっさと決めてしまいたいという方も当然いるはずです。

そういう時は、あれやこれやとあまり目移りしないよう、あらかじめ来店予定のガリバー店舗の在庫車から1~2台目当てのクルマを絞り込んでおくと◎、また来店して営業マンが来た時「冷やかしですからお構いなく!」と一言言っておけば、案外ほっておいてくれるので試してみましょう。

問い合わせや接客の対応が店によってマチマチ

問い合わせや接客の対応が店によってマチマチ

来店してから10分ぐらい待たされてますが・・・まだ? 帰ろかな・・・

ガリバーのように多くの顧客を抱える中古車業者は、買取や販売だけではなく車検・修理・板金などの作業やそれにかかわる事務処理、さらに商品である車両管理や店舗の衛生管理まで、ありとあらゆる業務を限られた人員でこなしているため、時に来店客をお待たせしてしまうことがあります。

また、経営方針などの影響でやや減少傾向にあるとはいえ、2021年2月末現在で460もの直営店舗を抱える巨大中古車チェーンですから、店舗スタッフの接客応対や山のように寄せられる各種問い合わせへの対応に、若干偏りが見られるのも事実です。

来店後ファーストコンタクトまでの時間なのか、見積もりなどを依頼してからの時間経過なのか、引用した口コミでは少々当時の状況が分かりにくいですが、いずれにせよ接客業である以上来店したお客様に「まだ?帰ろかな…」と思わせてしまうほどお待たせするのはいただけません。

故障やトラブルなどの緊急事態の場合は致し方ありませんが、「飛び込み」で来店した場合どうしても人員や時間の調整が付かず、要件によっては長時間待たされてしまうケースもあるため、あまり待ちたくないという方は、あらかじめ電話で来店時間や要件などを伝えておくようにしましょう。

車検や修理などアフターフォロー体制が万全ではない?

車検や修理などアフターフォロー体制が万全ではない?

車を購入した後、車検でお店を訪れた際の接客は酷かったです。腕時計をいじりながらの説明、その説明の途中で車検証が必要になったのですが、自分1人で外にある車まで取りに行かされ、担当の方は座って待っているだけでした。

口コミを見る限り、車検時に対応したスタッフの物腰や言葉使い、態度などから「接客が酷い」と感じさせてしまったのでしょうが、車検の予約や手続きに必要な車検証は、住所や氏名などの個人情報が詰まっている非常にプライバシー性の高い書類なので、「お客様自身に取ってきてもらう」のが実のところ業界的なセオリーです。

ただ、接客対応した担当者がクルマのところまで雑談でもしながら付き添うとか、「お手間をおかけしますが、プライバシー保護もありますのでご自分でお持ちいただいてもよろしいですか?」などと一言お断りを入れておけば、「接客が酷い」とまでは指摘されていなかったかもしれません。

また、ガリバーは中古車の買取と販売に関しては、知名度・実績共に業界最大手で知識も経験もノウハウも豊富ですが、車検や整備・修理を以前は外注に出していたことも多く、自前の工場を次々に設置し「自前」でそれらを行うようになったのは最近のことです。

そのため、車検や修理・板金を専門に行っている業者に比べればの話ですが、この分野に関する問い合わせや接客対応が行き届いてないとか、手続きの進め方がスムーズではないという、似たような口コミ・評判がいくつか散見されるのも事実です。

とはいえ、ガリバー自身もこういったユーザーの声を受けて自社車検・整備工場の増設や受け入れ体制の強化、スタッフへの教育強化などに取り組んでいますから、今後はどんどん改善していくと考えられます。

代名詞である10年保証が分かりにくくトラブルも多い

代名詞である10年保証が分かりにくくトラブルも多い

10年保証を付けましたが車検を受けないと支払い損。車検を受け付けてないのに?車検をやってないと騙されるので買わないほうが良い。

ガリバーに対する評価を大きく左右する要素なので、まず補足として「10年保証」について簡単に説明しておくと、ガリバーは自社販売している中古車について、車両条件に応じ最短3ヶ月から最長10年にも及ぶ、「あんしん保証」と名付けた有償オプションを準備しています。

【選べる保証と車両条件(国産車の場合)】

選べる保証名 車両区分 条件
あんしん10年保証ワイド あんしん10年保証 普通乗用車 軽自動車共通 初年度登録後7年未満、及び走行距離7万km以下
あんしん5年保証 初年度登録後10年未満、及び走行距離10万km以下
あんしん3年保証 あんしん2年保証 あんしん1年保証 初年度登録後15年未満、及び走行距離15万km以下
あんぜん6ヶ月保証 初年度登録後15年未満、及び走行距離15万km以下
あんぜん3ヶ月保証 年式無制限、及び走行距離20万km以下

※輸入車はメーカーによって選べる保証が変わるので要確認。

具体的には、クルマを以下の14通りのジャンルに分け、それぞれをさらにそれぞれに「重要機構部品」と「一般機構部品」に分類し、前者に関しては保証期間の間、走行距離・経過年数共に「無制限」で保証するという、中古車購入者にとっては非常に頼もしく安心な長期保証制度で、今やガリバーの代名詞的存在になっています。

例えば、ガリバーで5年落ち・走行距離5万kmの中古車を購入した場合、希望すれば最長である10年保証をセットできるわけですが、適用条件として購入後の車検を「必ず」ガリバーで受ける必要があり、ガリバー以外で車検をした瞬間、どれだけ保証期間が残っていてもそのクルマは「保証適用外」となります。

つまり、10年保証を付けてもガリバーで車検をしなかったら、口コミの通りまさしく支払い損になってしまうのは事実、クルマのことは全てガリバーにおまかせしているという場合はいざ知らず、車検は専門店などに依頼しているなんて場合は、正直言って10年保証をつけるのはいかがなものかと考えています。

ただし、整備工場が併設されておらず、その店舗で物理的に車検をしていない場合はあるでしょうが、ガリバー全体としては絶賛車検を受け付けていますので、口コミにある「車検をやっていないと騙される」というのは、行き違いから生まれた誤解だと思われます。

なお、車内外の装備品や各種消耗品など、比較的「痛みやすい」とされている箇所が属する「一般機構部品」に関しては、経過年数・走行距離とも無制限で保証されるのが購入後12ヶ月間のみで、それを超えると経過年数・走行距離によっては保証が適用されないケースもあるので注意しましょう。

ガリバーの良い口コミから見えてくる長所とそれを活かすコツ

ガリバーは全国津々浦々に多数の店舗を持ち、知名度・実績共に業界最高水準である超大型中古車販売・買取チェーンですから、悪い口コミ・評判もいかんせん目立ってしまいますが、それに負けじと良い口コミ・評判や感謝の声もネット上にはたくさん存在します。

そこでここからは、良い口コミ・評判から見えてくるガリバーの長所と、それを上手に生かし中古車をお得にゲットするコツをまとめてみたいと思います。

買取査定だけでも気兼ねなく来店できる

買取するならどのくらいになるのかきになって訪問した。最初にまだ売る気はないことを伝えても嫌な顔をせずに対応してくれて好印象が残った。

ガリバーは近年、輸入車や高級車に特化した店舗やファミリーカー・RV専門店を新設するなど、「中古車販売」の面で力を入れている傾向にありますが、ディーラー下取りしか選択肢がなかった時代から、「中古車買取」という分野を世の中に広めていった業界のパイオニア的存在でもあります。

そのため、中古車買取に関する知識や情報量やノウハウ、営業マンのスキルなどの方が中古車販売に関するものより高く、愛車の買取相場や高く売れる時期・タイミングといった、ユーザーが「知りたい」と思っている情報を、丁寧かつ親切に教えてくれるという同様の口コミがたくさん見受けられました。

というより、そもそもガリバーのような中古車買取・販売業者からすれば、商品である中古車を買取しないことには商売あがったり、店舗運営費や人件費すら捻出できない事態になりかねないので、ただでも少ない見込み客に対して嫌な顔をせず好意的に接客するのは至って「当たり前のこと」だとすらいえます。

ですので、もし読者の中で「買取だけ(査定を受けたいだけ)だから、なんとなく気兼ねがして見せに行きにくいなぁ…。」と思っている方がいたら、一切気にすることはないのでバンバン来店して、何度でも何店舗からでも査定見積りを受けてください。

万が一、いやな顔をするような買取店があったら、そこがガリバーであれたの買取チェーンであれ、買取先の候補から真っ先に除外してしまいましょう。

また、かつての大量買取・卸売の「薄利多売体制」から「小売体制」へ業態転換したとはいえ、ガリバーの年間中古車買取台数が業界トップクラスであることに違いはありませんから、ガリバーが提示してきた買取価格が「基準」になると言っても過言ではないほど、買取業界内で強い影響力を持っています。

正直、筆者が他の買取業者の営業マンだったとしたら、「ガリバーで査定してもらった。」とお客様から聞いただけで、「ある程度価格を出さないと買い取れないな…。」とプレッシャーを感じてしまうので、売る売らないはともかくとして、一度はガリバーには査定してもらった方が良いと考えています。

とにかく買取査定額が高くて満足!

ガリバーは査定額が高くて満足

スタッフの方の対応も誠実で車を売るときは利用しています。査定額も希望額に近い額で買い取ってくれるので、非常に満足です!

中古車買取業者を利用する方にとって、最も関心があるのはやはり持ち込んだ愛車の買取査定価格の高さですが、買取したクルマを中古車業界内で回していた卸売業態から、ユーザーへ店頭で直接販売する小売業態への転換が順調に行われた結果、ガリバーの買取査定額は年々「底上げ」されてきたと言われています。

なぜなら、卸売スタイルは中古車をできる限り安く買い取り、それを短い在庫期間で素早く卸売しないと利益が出ませんが、小売スタイルは買取したクルマに応じて整備・板金・保証などの付加価値(=利益)をつけ、店頭に並べ消費者相手にじっくりと販売するため、その分買取価格を上げても利益が出るからです。

また、卸売スタイル時代のガリバーは大量のクルマを安く買い取る必要があるため、少々強引な営業もしていたという悪い評判がよく見られましたが、小売スタイルへの転換に伴い1台1台のクルマをじっくり見定め、そのクルマの人気や市場のニーズに適した高い査定額を提示するように変化してきました。

この営業マンの姿勢や変化が口コミをした方のように、「誠実」であると感じ取られたのではないでしょうか。

ただし、ガリバーの営業マンもプロ、「誠実に精いっぱいの買取価格を提示している」とユーザーに感じさせながらも、より会社の利益が上がるようできるだけ安く買い取ろうとしてきますから、いくら希望額に近い買取額が提示されたと言っても、ガリバーだけで買取査定を完結させてはいけません。

ネットの中古車買取比較サイトなどで競合する他業者とガリバーを比較すれば、愛車の買取額は5万円・10万円とUPする可能性もあるので、必ず有効活用するようにしましょう。

他社で廃車評価でも買取価格が付くことがある

15年落ちの古い車で、他の業者では廃車手数料が必要と言われましたが3万円で買い取ってもらえました。ガリバーさんへお願いして良かったです。

いまだに一部のディーラーや中小の中古車業者には、数万円の「廃車手数料」なるものを請求してくるところもあるようですが、スクラップ時にかかる諸費用をあらかじめ預託している「中古車リサイクル法」が施行されて久しい現在、どんなに古くてボロボロのクルマであっても、「部品取り」や「鉄資源」としての価値は必ず残されています。

また、問題なく動くクルマであれば国内では無理でも、東南アジアなどの諸外国では現役としてまだまだ活躍できるため、そういったクルマを部品取り・資源転用車や輸出用中古車として、一定の価格で買い取りする「廃車専門買取業者」が存在し、かくいうガリバーも全国の店舗で廃車買取サービスを行っています。

廃車の引き取りや廃車に関わる諸手続きはもちろん、自動車税や自賠責保険の還付に該当する場合は、還付金を受け取るための手続きもサポートしていますし、事故車や不動車も廃車としてだけではなく、「中古車として買い取れないか」という視点でも査定してくれるので非常に便利かつお得です。

ただし、さびや痛みがひどく部品取りや資源としての再利用が困難で、ガリバーをもってしても「買取不可」と判断された場合のみ、手続き代行手数料として9800円が請求されますが、次のクルマをガリバーで購入すると、手数料が無料となるケースもあります。

買取査定の流れ・手続きがスムーズ

買取査定の流れ・手続きがスムーズ

中古車の買取り査定をお願いしたことがあるのですが電話を入れてから査定に入るまでの一連の流れが非常に早かったです。買取価格の方も自分が思っていた以上の金額でしたので満足しています。

一度でもガリバーを利用したことがある方ならよくご存知かと思いますが、愛車を売りたいと考えてガリバーの店舗へ連絡した時の実車査定・見積り・商談へ進む過程のスピード感と、商談成立後の諸手続きのスムーズさは、正直言って他の買取業者を圧倒します。

買取査定額に納得するかどうかは、売るクルマの車種・年式・状態、売るタイミングなどによって変わるので何とも言えませんが、何らかの事情によって早くクルマが売りたい・まとまったお金が必要なんて場合は、ガリバー一択で構わないほど買取に関する一連の流れがスムーズかつスピーディです。

それだけ、ガリバーの中古車買取に関する知識とノウハウが豊富で、諸手続きがマニュアル化され全従業員に周知徹底・教育されているという証ですが、あまりの鮮やかさにほだされ気が付いたら買取契約書にサインしてしまった、というケースもゼロではありません。

ですので、それほど急いでいるわけでもないし、1円でも高く愛車を売りたいという場合は、やはり他の買取業者ともしっかり比較対象しながら、腰を据えて価格交渉をすべきでしょう。

購入後のフォローが丁寧

ガリバーで車を購入したが、スタッフの仕事が丁寧で満足している。購入後ナビの故障があったが、その後の対応も迅速で助かった。

かつて、卸売スタイルだったころのガリバーは、買取したクルマを売る相手もプロである中古車業者が主だった(一部、一般ユーザーへも直接販売していたが…。)ため、そのクルマに何らかの問題があっても買い手の「目利き」による責任が大きく、わかりやすく言えば「問題があるなら自分たちで何とかして!」という感じでした。

一方、小売スタイルになってからは、販売する相手が「素人」の一般ユーザーになったためそうも言ってられない、しかし転換当初は卸売スタイル時代の「売りっぱなし癖」が抜けていなかったため、「ガリバーは購入後のフォローががない!」という口コミや評判が多く見られました。

とはいえ、近年はこの口コミにもある通り、ずいぶんユーザーへの店頭による直接販売スタイルにも慣れ、購入後の「素人目線」によるフォロー体制も、新車ディーラーと同水準とまではさすがに言えませんが、他の中古車販売業者並みには整ってきたようです。

ちなみに、「トヨタのお店はやってくれたよ!」と切り出したら、「うちでは難しいです…。」とはぐらされてしまうようなことであっても、最大のライバルである「ビッグモーター」の名前を出すと反応が変わるケースもあるので、ぜひ試してみてください。

女性のみや子供連れでも来店しやすい環境作りに尽力

中古屋さんと言うと、女性には入りにくいイメージがありましたが、とてもオシャレでキレイなお店で気軽に入れる雰囲気がありました。

元来、中古車販売店や買取店は機械や機材があちこちに散乱し、どこか薄暗くて女性や子供連れが入りずらいというイメージを持たれていましたが、近年は全体的に清潔感が増し照明的にも明るく、インテリアや色彩に気を使い一見するとカフェを思わせる、オシャレな中古車店も増えてきました。

ガリバーも古い店舗を統・廃合し、従業員の接客や身なりなどを徹底教育したうえで、ミニバン専門の中古車販売店「スナップハウス」や 軽自動車専門の中古車販売店「ミニクル」を増設するなど、女性や子供連れを強く意識した雰囲気作りがようやく軌道に乗ってきたようです。

また、車の選び方の相談・購入手続き・ローンの契約まで、オンライン・非接触で完結できる「おうちでガリバー」という無料のチャットサービスや、スマホで写真を撮って必要項目を記入するだけで査定金額が判明する AI査定アプリ「Gulliver AUTO」など、コロナ感染予防を見据えた新サービスもリリースしています。

ガリバーを利用するメリットとデメリット

前項まで、ネット上で見つかったガリバーに対する良い口コミ・悪い口コミを紹介してきましたが、この項ではそこから見えてくる同社のメリット・デメリットをまとめてみました。

ガリバーのメリットは買取査定額の高さ

ガリバーのメリットとして真っ先にあげられるのは、なんといっても「買取査定額の高さ」であり、これは中古車を売る際ユーザーが最も気になるであろうポイントですし、店舗数の多さや手続きのスムーズさなど「買取依頼のしやすさ・手軽さ」についても、業界トップクラスです。

また、ガリバーが保有している中古車在庫台数はなんと4万台オーバー、毎日休みなく約500台の中古車が入荷されているので、車種はもちろん年式・カラー・グレード・オプションや車両状態の異なる様々なクルマの中から、自分の予算や子に身にマッチした一点物の愛車を自由に選ぶことができます。

購入時の保証に関しても、ガリバーで車検を受け続けるという適用条件を守る必要はありますが、カバーされている保証対象箇所の豊富さや保証期間の長さについては、中小の中古車販売店では決してまねのできないほど充実していると言えるでしょう。

保証の長さと手厚さに加えて、ガリバーに並んでいるクルマは全て無事故・修復歴無しですし、購入後100日以内なら何と返品可能、しかも多額の返品手数料を取られるわけではなく、車両本体価格の5%を支払えば返品できるので安心です。

さらに、営業マンや作業担当者らの接客対応と購入後のフォローに関しても、以前はやや乱雑で行き届いていないという口コミや評判が多くありましたが、卸売スタイルから小売スタイルへの転換に伴いずいぶん改善したようで、最近では逆に丁寧で行き届いているという高評価の声も増えています。

ガリバーは接客対応の評価がイマイチなところがデメリット

一方、メリットのところで評価しておいてなんですが、全国にチェーン展開し2020年現在4400名を超える従業員が在籍しているせいか、接客応対や態度にいかんせん「ムラ」があるのも事実で、いまだに荒っぽい接客をするスタッフや、しつこい営業を仕掛けてくる営業マンがいるという声も聞かれます。

また、10年という非常に長い保証を用意しているものの、同社で車検を受けるのが前提条件になっていますし、適用される個所が細かく規定されていて素人には正直分かりにくいため、加入しても費用が無駄になるという声があったり、適用・不適用でもめてトラブルに発展したという話もちらほら。

正直、故障しやすい箇所や消耗品の類は経過年数・走行距離務宣言で保証される対象から軒並み外れていますし、車種によって異なりますが加入費用も安くはなく、納車日から1年を経過した後は保証を適用するたび免責金が毎回10,000円かかりますから、個人的な意見を言うなら10年保証へ加入するメリットはあまりないと考えています。

さらに、これは一概にデメリットとは言いずらいですが、ガリバーの販売車両は全て無事故・修復歴無しですし、最長で10年にも及ぶ保証を付けるケースもあることから、やや他の中古車店に比べると陳列されている中古車の販売価格が、若干高めです。

ただし、高いとは言っても見積もりを出してもらった結果、「少し高いかな?」と感じる程度ですし、信頼できる中古車を安心して購入できるという点を考えれば、そんな買い物になってしまうとは決して言えないでしょう。

ガリバーによくある質問

質問です。ガリバーは全国各地のたくさんのお店があるけど、店舗によって同じクルマでも買取額が違うのですか?

回答です。ガリバーは、これまでに蓄積した膨大な中古車取引データと独自のノウハウ・知識をもとに本部が買取額を決定する「本部査定システム」を採用しているため、どこのガリバー店舗で査定を受けたとしても、出張査定を自宅などで受けたとしても買取査定額は変わりません。

質問です。クルマが必要になったのだけれど、これと言って具体的な車種が決まっていません。それでも、ガリバーに来店して相談することは可能ですか?

回答です。もちろん、クルマに関することであれば、たとえ購入する車種が決まっていなくても、気軽に来店しクルマのプロに相談することが可能です。例えば、「〇〇万円以内で買える軽自動車」とか「遠方までの通勤に便利なクルマ」とか、「スキーなどのウィンターレジャーにうってつけのクルマ」などといった具合に、予算や用途などを伝えれば、それに合った車を豊富な在庫車の中からピックアップしおすすめしてくれます。

質問です。ガリバーでクルマを買うと、本体代金のほかにはどんな料金がかかるの?

回答です。自動車税や自動車重量税などの各種税金と自賠責保険料、リサイクル料に加えて登録・名義変更など各種事務手続き代行料、さらにユザーに希望に応じたオプションや追加装備に関わる費用、及び保証をつける場合はその料金などがかかります。具体的には車種・年式などによって異なるため、購入前に提示される見積書をしっかり確認しましょう。

ガリバー悪くないんじゃない?もしもクレームを言うならどこにいうべき?

ガリバーで売買した車

ガリバーで車の売買を行なった際に、お客様がガリバーにクレームなどを伝えたい場合は0120-22-8680に問い合わせをすると受け付けてくれますよ。

またガリバーブランドとして展開している「軽ガリバーミニクル」「LIBERALA(リベラーラ)」「WOW!TOWN」「SNAP HOUSE」「HUNT」に関する問い合わせは0120-22-8676にかけてください。

電話の受付時間は、月~金曜日が10~20時、土曜日が10~17時です。

問い合わせの内容によっては、回答が得られるまでに時間を要する場合がありますので理解しておきましょう。

営業時間内に問い合わせができない場合はメールでの問い合わせもできますよ。

メールでの問い合わせの場合は以下が必須入力となっています。

  1. お問い合わせ(「契約・キャンセルについて」「ご購入について」「ご売却・査定について」から選択)
  2. ご利用店舗(「ガリバー店舗」「アウトレット」「その他・わからない」から選択)
  3. お問い合わせ・ご意見など(全角300文字以内で入力)

その他にお客様のお名前、電話番号、メールアドレスを入力するところがありますが、それらは任意入力ですので、無理に入力する必要はなく、匿名で問い合わせすることができるのです。

このようにガリバーは積極的にお客様の声を取り入れ、日々の営業活動に反映させています。

もし車の売却をお考えの場合は、ガリバーを利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【無料】車の一括見積はこちら
【無料】車の一括見積はこちら