司法書士法人 あい和リーガルフロンティアの口コミと評判

司法書士法人 あい和リーガルフロンティア

この記事では、司法書士法人あい和リーガルフロンティアの口コミと評判についてご紹介いたします。

今現在、借金についてお悩みの方も多いと思います。

そんな悩みを今すぐ解決したい方は、ライズ綜合法律事務所に相談してみましょう。ライズ綜合法律事務所の公式サイトでは、1分で借金減額診断ができます。

【無料診断】ライズ綜合法律事務所はこちら

2022年現在、解決実績が8,000件を超える、実績豊富な「はたの法務事務所」も要チェックです。

はたの法律事務所はこちら

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアの口コミと評判

司法書士法人あい和リーガルフロンティアという司法書士事務所があります。

認定司法書士が在籍している司法書士事務所で、140万円までであれば、代理人になることも可能です。事務所は、東京な長野にあって、取扱い業務も幅広く、債務整理や相続、農地転用など様々な問題に対応ができます。

今回は、司法書士法人あい和リーガルフロンティアの概要や、費用の詳細、そして、対応エリアや特徴についてまとめてご紹介したいと思います。

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアの事務所はどこにある?

司法書士法人あい和リーガルフロンティアの事務所はどこにあるのでしょうか。事務所の場所や電話番号などまずは確認しましょう。

事務所名 司法書士法人 あい和リーガルフロンティア
所在地 代々木事務所

〒151-0053 東京都渋谷区代々木 2丁目21番11号 ベルテ代々木Ⅱ207

フリーダイヤル 0120-882-484 TEL 03-5843-5715 FAX 03-5843-5716 最寄り駅:JR代々木駅から徒歩7分

長野事務所

〒380-0823 長野県長野市南千歳 1丁目3番3号 アレックスビル3F-1

TEL 026-269-8777 FAX 026-269-8778 最寄り駅:長野電鉄 長野駅から徒歩5分

です。代々木と長野にオフィスがある司法書士事務所です。

どちらの事務所も駅から徒歩圏内でアクセス良好です。

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアに在籍している司法書士を紹介

司法書士法人あい和リーガルフロンティアに所属している司法書士の情報も確認してみましょう。

代表 司法書士 橋本 健太郎 東京司法書士会所属 NO.3594 簡裁代理権認定番号 NO.304155
司法書士 影嶋 広志 長野県司法書士会所属 NO.690 簡裁代理権認定番号 NO.701042
司法書士 樋口 浩二 東京司法書士会所属 NO.8001

司法書士法人あい和リーガルフロンティアには、3名の司法書士が在籍しており、うち2名は認定司法書士のようです。

認定司法書士とは?

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは、認定司法書士が在籍している司法書士事務所です。

認定司法書士とは、「簡裁訴訟代理関係業務」を行うことが出来る司法書士のことです。認定司法書士になると

  • 民事訴訟手続
  • 即決和解手続
  • 支払督促の手続
  • 証拠保全の手続
  • 民事保全の手続
  • 民事調停の手続
  • 少額訴訟債権執行手続きおよび裁判外の和解の各手続きについて代理する業務
  • 仲裁手続きおよび筆界特定手続きについて代理する業務

を簡易裁判所で行うことができます。紛争の目的の価額が金140万円までの民事紛争の代理人になることもできます。簡裁代理権というのですが、これができる司法書士のことを認定司法書士といいます。

認定司法書士になるためには、まず、司法書士の資格を持っていることが条件です。そして、特別研修という研修を受けた後、簡易訴訟代理等能力認定考査という試験に合格する必要があります。

司法書士の資格を取った上で、さらに、研修と試験が必要ということです。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアには、認定司法書士が在籍しているため140万円までであれば代理人になることができます。任意整理であれば、1社あたり140万円までの負債であれば、代理人になって交渉などが可能です。

1社あたりの負債額が140万円を超える場合は、弁護士に相談をしましょう。

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアの料金を詳しく解説

司法書士法人あい和リーガルフロンティアの費用を見てみましょう。

過払い金返還請求

着手金なし

過払報酬返還金額の20%+消費税

裁判となった場合は

1社につき11,000円(税込)+ 実費

任意整理

 着手金なし

減額報酬なし

基本報酬1社につき44,000円(税込)

過払い報酬返還金額の20%+消費税

送金代行手数料として1社につき

月額1,050円(税込)頂きます。

自己破産 同時廃止事件書類作成費用165,000円(税込)+裁判所納付実費 管財事件書類作成費用275,000円(税込)+裁判所納付実費
個人再生 住宅ローンなし書類作成費用275,000円(税込)+裁判所納付実費

住宅ローンあり類作成費用385,000円(税込)+裁判所納付実費

時効援用(内容証明作成費) 1社につき33,000円(税込) ※ 費用の一部は前払いとなります。
相続放棄(書類作成費用) 3ヶ月以内相続人1人につき、22,000円(税込)

3ヶ月経過後相続人1人につき、44,000円(税込)

家庭裁判所における各種申立書作成

項目 報酬(税込)
遺産分割調停申立書 55,000円
未成年後見人選任申立書 77,000円
特別代理人選任申立書 27,500円
不在者財産管理人選任申立書 55,000円
相続財産管理人選任申立書 55,000円
失踪宣告の審判に関する書類 55,000円
遺言書検認申立書 27,500円
遺言執行者選任申立書 27,500円

遺言書

項目 報酬(税込)
自筆証書遺言 33,000円  ~
公正証書遺言 66,000円  ~
証人立会い費用 1名につき11,000円
遺言執行者就任 財産額の1%ただし、最低 165,000円

生前贈与

項目 報酬(税込)
贈与契約書作成 22,000円
不動産の生前贈与登記※1 38,500円

成年後見

項目 報酬(税込)
成年後見・保佐・補助 申立書作成 77,000円
任意後見契約書作成 110,000円
任意後見報酬(月額)※1 11,000円~
継続的見守り契約書作成 33,000円
見守り事務(月額)※1 5,500円~
死後事務委任契約書作成 55,000円
死後事務報酬※1 330,000円~
遺言執行者選任申立書 27,500円

民事信託(家族信託)

項目 報酬(税込)
民事信託(家族信託)契約書作成 165,000円  ~
信託による所有権移転 登記※1    44,000円

相続関係業務単独受任単価表

 項目 備考 報酬(税込)
相談 ご相談は何度でも無料です                   0円
書類収集(戸籍、住民票、評価証明書等) 1通につき       1,100円
遺産分割協議書の作成 登記手続き用(不動産のみ)    11,000円
遺産分割協議書の作成 遺産総額 2,000万円未満    33,000円
遺産分割協議書の作成 遺産相続 5,000万円未満    55,000円
遺産分割協議書の作成 遺産総額 1億円未満    77,000円
遺産分割協議書の作成 遺産総額 1億円以上 110,000円
財産目録の作成 遺産総額に関わらず    27,500円
相続関係図作成 相続人1人につき      5,500円
相続人への書類送付 相続人1人につき      1,100円
各種書類の裁判所提出代行 1件につき      1,100円
未登記家屋の所有者変更 同一管轄につき   11,000円
農地・山林の相続届 同一管轄につき各届出 ※2   11,000円
信用情報開示請求支援 1機関あたり   11,000円
農地手続きセットプラン
農地法3条許可申請+所有権移転登記※1 71,500円(税込)
農地法4条許可申請+所有権移転登記※1 104,500円(税込)
農地法5条許可申請+所有権移転登記※1 110,000円(税込)
農地法3条届出+所有権移転登記※2 49,500円(税込)
農地法4条届出+所有権移転登記※1 71,500円(税込)
農地法5条届出+所有権移転登記※1 71,500円(税込)
農地法に基づく手続き
農地法3条許可申請※1 44,000円(税込)
農地法4条許可申請※1 77,000円(税込)
農地法5条許可申請※1 82,500円(税込)
農地法3条届出※2 11,000円(税込)
農地法4条届出※1 44,000円(税込)
農地法5条届出※1 44,000円(税込)
土地改良区意見交付・地区除外申請手続き 11,000円(税込)
農業生産法人設立
株式会社 合同会社 農事組合法人 一般の株式会社 (参考) ご自身で設立(株式会社)
報酬 88,000円 77,000円 99,000円 55,000円 0円
収入印紙代 0円 0円 0円 0円 44,000円
認証手数料 55,000円 0円 0円 55,000円 55,000円
謄本交付手数料 約2,000円 0円 0円 約2,000円 約2,000円
登録免許税 165,000円 66,000円 0円 165,000円 165,000円
合計 310,000円 143,000円 99,000円 277,000円 266,000円

となっています。

詳細な費用がこうして公開してあるのはわかりやすくてとてもいいですよね。

他社の司法書士法人あい和リーガルフロンティアを確認

では、ここで司法書士法人あい和リーガルフロンティアと他社の司法書士事務所や弁護士や司法書士と債務整理の費用を比較してみましょう。

事務所名 費用(税込み)
任意整理 過払い金請求 個人再生 自己破産
司法書士法人あい和リーガルフロンティア ・着手金なし

・減額報酬なし

・1社につき44,000円(税込)

返還金額の20%+消費税

・手数料送金代行手数料として1社につき月額1,050円(税込)

・着手金なし

・報酬金返還金額の20%+消費税

裁判費用については、1社につき11,000円(税込)+ 実費

・住宅ローンなし

書類作成費用275,000円(税込)

・住宅ローンあり書類作成費用385,000円(税込)

・同時廃止事件書類作成費用165,000円(税込)+裁判所納付実費

・ 管財事件 書類作成費用275,000円(税込)+裁判所納付実費

ひばり法律事務所 ・着手金:22,000円/1社あたり ・報酬金:22,000円/1社あたり ・減額報酬:11% ・経費:5,500円/1社あたり ・成功報酬:22% (訴訟になった場合は27.5%+実費) ・着手金:330,000円~ ・報酬金:220,000円~ ・経費:5,500円/1社あたり (その他若干の諸費用あり) ・着手金:220,000円~ ・報酬金:220,000円~ ・経費:5,500円/1社あたり (その他若干の諸費用あり)
東京ロータス法律事務所 ・着手金:1件22,000円 ・報酬金:1件22,000円 ・減額報酬:11% ・その他諸費用:1件5,500円 (訴訟対応の場合は別途着手金1件33,000円) ・回収額の22% (訴訟になった場合は27.5%+実費) ・着手金:330,000円 ・報酬金:330,000円 ・その他諸費用:55,000円 ・住宅ローン特則有 :110,000円 ・着手金:220,000円 ・報酬金:220,000円 ・その他諸費用:55,000円 ・管財人引継予納金 :200,000円~
はたの法務事務所 ・着手金:無料 ・報酬金:1件22,000円~ ・減額報酬:11% ・回収額の22% ・10万円以下の場合は14% (別途11,000円の計算費用が発生) 報酬385,000円~ (再生委員に支払う費用として+220,000円~) 報酬330,000円~ (少額管財事件は+220,000円~)
アース法律事務所 ・着手金:22,000円~ ・報酬金:22,000円~ ・減額報酬:11% ・解決報酬金:22,000円 ・回収額の22% (訴訟になった場合は27.5%) ・着手金:330,000円~ (住宅ありの場合は440,000円~) ・着手金:330,000円~
弁護士法人・響 ・着手金:55,000円~ ・報酬金:11,000円~ ・減額報酬:11% ・解決報酬金:22,000円 ・回収額の22% (訴訟になった場合は27.5%) 【住宅なし】 ・着手金:330,000円~ ・報酬金:220,000円~ 【住宅あり】 ・着手金:330,000円~ ・報酬金:330,000円~ ・着手金:330,000円~ ・報酬金:220,000円~
サンク法律事務所 ・着手金:55,000円~ ・報酬金:11,000円~ ・減額報酬:11% ・報酬金:1件につき21,780円 ・過払い金報酬:回収額の22% (訴訟になった場合は27.5%) 要問い合わせ 要問い合わせ

となっています。

あい和リーガルフロンティアは着手金がかからない点などが特徴と言えそうです。事務所ごとに費用がことなりますので、よく比較検討をしましょう。

ちなみに費用の全体的な相場としては

手続きの内容 費用の相場
相談料 相談時にかかる費用 1時間につき0~1万円程度 (債務整理の場合は初回相談料が無料の事務所が多い)
着手金 交渉結果によらず専門家に依頼した際に支払うことになる費用 借入先1社につき2〜5万円程度 (無料の事務所もある)
報酬金 【解決報酬金】 解決した場合に支払う費用 【減額報酬金】 減額に成功した際に支払う費用 【過払金報酬金】 過払い金回収に成功した際に支払う費用 【解決報酬金】 借入先1社につき原則として2万円以下 【減額報酬金】 減額分の10%程度 【過払金報酬金】 ・交渉により和解した場合:回収額の20%以下 ・裁判が起きた場合:回収額の25%以下
送金代行手数料 和解成立後に借入先への支払いを事務所に代行してもらう場合の手数料 借入先1社につき月額1,000円程度

となっています。

そして、全体として、弁護士事務所より司法書士事務所の方が料金がリーズナブルという傾向があるようです。ただし、認定司法書士は1社あたりの負債が140万円まででなければ対応できないので注意しましょう。

そして、もし、債務整理の費用を支払うのが厳しい場合には、法テラスの利用の検討もできます。法テラスとは、国の制度として運営されているもので、無料相談や費用の立て替えなどをしてくれます。

法テラスの利用は、まず、法テラスに対応している事務所であること、そして、以下の条件があります。

収入要件

人数 手取月収額の基準 家賃又は住宅ローンを負担している場合に 加算できる限度額
1人 18万2,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合20万200円以下) 4万1,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合5万3,000円以下)
2人 25万1,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合27万6,100円以下) 5万3,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合6万8,000円以下)
3人 27万2,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合29万9,200円以下) 6万6,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合8万5,000円以下)
4人 29万9,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合32万8,900円以下) 7万1,000円以下 (東京・大阪など生活保護一級地の場合9万2,000円以下)

資産要件

人数 資産合計額の基準
1人 180万円以下
2人 250万円以下
3人 270万円以下
4人以上 300万円以下

です、これを見たしている場合は、法テラスの利用も検討が出来そうです。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは相談無料ですので「債務整理をしたいけど、相談料がない」という場合でも気軽に相談ができます。

債務整理を検討するという時点ですでに経済的に困窮していることも多く、費用が捻出できなくてなにもできないと考えてしまうところまで追い込まれているケースもあります。ですが、相談無料であれば、費用を気にすることなく相談ができます。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは、相談・過払い金調査は無料 ですので、まずは相談をしてみましょう。

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアの特徴は3つ!

司法書士法人あい和リーガルフロンティアの特徴をここでご紹介します。

メール・電話・Webすべて相談無料

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは、相談は何度でも無料です。

相談したいけど、費用がない・・・なかなか相談できないという方でも、費用を気にせずに何度でも相談ができます。事務所によっては30分で5000円程度の費用がかかるケースもありますので、無料相談ができるというのは経済的にもとても嬉しいサービスです。

相談は、対面のほか、電話やメールなどでも可能です。

どの方法で相談をしても、相談費用はかかりませんので安心して相談ができそうです。

債務整理に強い司法書士が揃っている

あい和リーガルフロンティアには、債務整理に強い司法書士がそろっています。認定司法書士も在籍している司法書士事務所ですので、1社あたり140万円までの負債であれば、代理人として交渉などが可能です。

平日の営業時間外・土日祝日も予約すれば対応してくれる

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは、平日だけでなく営業時間外や土日でも予約をしておけば対応してくれます。

弁護士や司法書士は平日の昼間だけというところも多いのですが、平日は仕事で忙しいという方にとってはなかなか時間を作るのが難しいという面がありました。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは、先に予約をしておけば営業時間外や土日対応可能です。今まで、なかなかな時間がとれなかったという方でも利用しやすいのも大きな魅力といていいでしょう。

あい和リーガルフロンティアの取り扱い業務は幅広い

あい和リーガルフロンティアの取扱い業務は

債務整理、過払い金請求、任意整理、自己破産、個人再生、時効援用、闇金(ヤミ金)、裁判手続き、債権回収、相続放棄、任意売却、相続手続き、相続放棄、遺言、生前贈与、預貯金・保険の払戻し、不動産登記、会社・法人登記、企業法務、裁判手続き、成年後見、債務整理、過払い金返還請求、各種許認可申請、農地転用、農地の届出、売買・贈与等の登記、農業法人設立、相続放棄など

ととて、幅広い業務に対応しています。

債務整理はもちろん、相続や農地転用などの様々な法律的な問題に対処できます。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアに依頼したら督促・請求がとまる

司法書士法人あい和リーガルフロンティアに債務整理の依頼をした場合は、すみやかに債権者に対して「受任通知」が発送されます。

この受任通知を受け取った場合、それ以降は、債権者は本人に対して連絡をしたり支払いを請求することができなくなります。例え、返済不能で滞納していたとしても、督促はできません。電話も郵便物もメールもすべてできなくなるため、債権者が受任通知を受け取った段階で、一切の督促がとまります。

督促の電話などでストレスを抱えていたという場合は、この督促ストップはとても大きなメリットといえます。

ただし、税金や国民年金、慰謝料や養育費など、債務整理をしても支払い義務がなくならないものの請求に関しては、とまることはありません。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社や住宅ローン、リース、カーローンなどはすべて督促が止ります。

債務整理をして静かな生活を取り戻したいという場合は、司法書士法人あい和リーガルフロンティアのような専門家の介入を検討してもいいでしょう。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは秘密厳守なので安心して利用できる

司法書士法人あい和リーガルフロンティアをはじめとする、司法書士事務所や弁護士事務所に相談をするとなると

「家族や知り合いにばれないか」という心配をされるかたもいらっしゃいます。

債務整理などの問題はとてもデリケートですし、プライベートなこと・・・身近な人だからこそ知られたくないということもありますよね。

まず、司法書士法人あい和リーガルフロンティアのような司法書士事務所や、弁護士事務所、法律事務所には守秘義務があります。これは法律で定められた義務で「職務上知り得たこと」を第三者に漏らしてはならないのです。

ですので例え、家族であっても、会社の上司や同僚であったとしても、依頼や相談の内容を話してしまうことは絶対にありません。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアも秘密厳守ですので、安心して相談や依頼をされてください。

ただし、自己破産や個人再生の場合は、手続きをすると官報に名前が載ってしまうので、そこで知られるリスクはあります。ですが、司法書士法人あい和リーガルフロンティアから情報が漏れてしまう心配はありません。

あい和リーガルフロンティアの対応エリアを依頼する前に確認

あい和リーガルフロンティアの対応エリアは

代々木 東京都を中心に、神奈川県、埼玉県、千葉県対応可
長野 長野県北部

です。

お住まいの地域が対応に含まれるかどうかはあい和リーガルフロンティアに直接電話をして確認しましょう。

代々木事務所

フリーダイヤル 0120-882-484 TEL 03-5843-5715 FAX 03-5843-5716

長野事務所 TEL 026-269-8777 FAX 026-269-8778

に電話をするか、公式ホームページからメールでの問い合わせも可能です。

もし、司法書士法人あい和リーガルフロンティアが対応エリア外という場合は、別の司法書士事務所や弁護士事務所に相談をしましょう。

全国対応可能な司法書士事務所や弁護士事務所もありますし、地元に根ざした活動をしている司法書士事務所や弁護士事務所でも債務整理や相続、農地転用などの相談は可能です。

司法書士法人 あい和リーガルフロンティアのQ&A

債務整理はあい和リーガルフロンティアでできますか

はい、司法書士法人あい和リーガルフロンティアでは債務整理の相談や依頼が可能です。ただし、認定司法書士が在籍している司法書士事務所ですので、1社あたりの債務が140万円以内であることが条件となります。

司法書士法人あい和リーガルフロンティアは相談無料ですので、気軽に利用できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ゆび
借金の減額診断についてはこちらad